Crumble cake

クランブルケーキ

クランブルケーキ

Loadingお気に入りに追加

表面がゴツゴツしたそぼろ状の仕上げという特徴で、これは全卵とバターのアパレイ ユと小麦粉を軽く練って型詰めします。焼いてから、逆に返すとこうなり、仕上がりは魅力的です。

マ一ガリン200g、砂糖200g、全卵1個、レモン1個、薄力粉500g、ベーキングパウダー4g、チェリージャム454g、アーモンド粉50g、粉砂糖適量

薄力粉とベーキングパウダーをフルイにとおして良く混ぜ合わせます。マーガリンに砂糖を加えて充分にすり立てます。ここに全卵を少量ずつ加えながら、途 中でレモン皮のすりおろしを加えて、さらにすり立て続けます。このアパレイユを1/3ほど 別に取り置きます。これに粉類を少しずつ加えながら指先で軽く練り合わせます。こうするとそぼろ状(クラム状)となります。 直径18センチの底抜けの丸型を用意して、型の内側に油をぬり広げます。この底にそぼろ状にまとめたアパレイユを一面に詰めます。その上にチェリージャムをぬり広げます。残りのアパレイユにアーモンド粉と粉類を加えて、先と同様にそぼろ状としてジ ャムの上に詰めます。温度200℃のオーブンで、50~60分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して冷まします。上面に粉砂糖をふりかけて仕上げとします。そぼろを別に用意するとしたら以下配合をご参考下さい。

バター100g、砂糖100g、薄力粉150g、バニラかレモン適量

バターと砂糖、薄力粉を混ぜますが、けっして溶かさないように、またクリーム状ともしません。好みの香料を加えて、冷蔵庫で冷やします。粗目のフルイにとおしてそぼろ状とします。型詰めしたアパレイユ にふり重ねます。

上述の「クランブルケーキ」は1995年にMORRIS COMPANY, INC.が「焼き菓子403」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

クランブルケーキの年間アクセス推移

※クランブルケーキが本サイトに公開された2018年10月12日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月18日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

56

1316