Coconut cake

ココナツケーキ

ココナツケーキ

Loadingお気に入りに追加

ココナツを混ぜたパターケーキ、フラワーバッター法でつくります。上面に乾燥ココ ナツとバターを混ぜたトッピングを広げて焼きます。

中力粉750g、砂糖240g、ベーキングパウダー30g、バタ一480g、ココナツ(粉)270g、スキムミルク150g、粉砂糖270g、水450g、全卵150g、グリセリソ30g

乾燥ココナツとスキムミルク、粉砂糖を混ぜて、水を混ぜ合わせます。これを1時間ほど休ませます。中力粉とベーキングパウダー、砂糖をフルイにとおして混ぜます。やわらかく練りかえしたバターに加えて充分にすり立てます。なめらかなクリーム状となったら、先のココ ナツなどを混ぜて、さらにすり立てます。全卵とグリセリンを混ぜて充分にすり立てます。パウンド型(容量が500g程度)を用意して、型の内側に紙を敷いきます。この型にアパレイユを詰めて表面を平らに整えます。下記参照のココナツトッピングを上面に広げて、温度170~175℃のオーブンで、50分間を目安に焼きます。オ ープンから出したら粗熱を取り、型から外して冷まします。上面のトッピングは、乾燥ココナツと砂糖を同量ずつ(480gずつ)混ぜて、バター240gを練り混ぜ、ぬり広げられるやわらかさとします。グリセリンは乳化安定剤で、正式にはグリセリン脂肪酸エステルと呼びます。乳化性や起油性を高めるためにつかいます。市販品で、これに代えて、他の安定剤を使用する場合には、その特性や添加量などを充分に考慮してご使用下さい。

上述の「ココナツケーキ」は1995年にMORRIS COMPANY, INC.が「焼き菓子403」を出版するにあたり、東京プリンスホテル製菓調理長 渡辺 義雄 氏に依頼し、制作・監修して頂いた際の配合と製法になります。(※所属・肩書は出版当時のものです。)

ココナツケーキの年間アクセス推移

※ココナツケーキが本サイトに公開された2018年10月12日以降のデータから集計しております。今月(2021年1月)の数値は2021年1月22日現在の当月累計のため、計測中の数値になります。(集計データに関しては検索流入数の変化も影響するため数値比較は参考としてお考え下さい。)

Loadingお気に入りに追加

同じカテゴリのレシピ

今月人気のレシピ

みんなのお気に入り

img1
img1

35

605